FC2ブログ

ドラゴンボールの新作が出るとか聞いたので

こんばんわ、にゅくすです(‾◡◝ )


ドラゴンボールの新作が出ると聞いて、ふとピッコロさんはちんちんがめちゃ伸びたり、何かの拍子に千切れても生えてくるのかなとか思ったけど、よく考えたらピッコロさんにちんちんとか(そもそも男女設定)なかった気がするぞと思いぐぐったら



ピッコロ「ちんちん・・・?何だそれは?」

ベジータ「何っ!貴様ちんちんを知らんのか!?」




とかいう2chの過去ログ的なページが出てきて笑いを堪えるのに必死になってしまったGW初日の丑三つ時。
18号のえっちな絵とえっちな本をください。


…あんまりに更新がないので、ついったで呟ききれないネタとかあったときにちょこちょこひっそりと更新して行こうと思ったり思わなかったり。
あと、ずっと掛かりきりだったお仕事原稿をやっと倒したので、今日から本格的にGWイベント原稿です…!




ウヴォァ( ;ω;)φミφ


正直きびしみの予感しかしないので、ふたけで出したかった叢雲ちゃん×ろーちゃん本は夏コミあたりに回して、
ふたけではコミティア新刊が間に合えば先行頒布とかそんな感じになりそうです。(表紙だけは描いてあったので、ペーパーとかにして配るかも…。前回ティアとかで出してたスラ姉ふたなり本やその他ふたなり既刊本は持って行くつもりです。
とりあえず5/1くらいにはもう締切も終わってしまってると思うので改めてイベント告知とか出せればと思います( ;ω;)

コミ1ではコミケットスペシャル新刊のナナシス本を再販しましたので、ちょこちょこ持っていきます。
あしピタはイベント絵のようなのを描かせていただきましたので、当日お越しになる方は探してみてください_(:3」∠)_
ティアは今描いてるふたなりスライム姉さんのいつもの本です。ぷりぷりタイツ足おしり。

とりあえず現状はこんなんです( ;ω;)がんばります


(お仕事詳細はまた後日…!
(結局半分くらい告知みたいになったぞ!?

ひどい映画w

先日、「遊星からの物体X」という映画を見たということを軽く触れましたが、それ繋がりで「深海からの物体X」というのを見てみました。
夕食を摂りながら。
レンタルコーナーでも「遊星」のすぐそばにおいてあったので、前後作か何かだと思って借りたのですが・・・・。



まぁ、結論から言ってしまうと、比べるのも失礼に値するほど酷い映画だったワケなのですよ(´・ω・`)
あんまりな内容だったので、ついついブチマケタイ心情に駆られました;
なので、ブチマケタイと思います。ネタバレ満載です。でも、罪悪感はありません(ぇ


(ちなみに「遊星」の方は、ホラー映画ファンからは神がかり作品と言われております。自分も80年代製であのモンスタークオリティと、登場人物による緊張の心理駆け引きはなかなか見ごたえがあると思います。グロいの大丈夫な人にはオススメ!)




さて、問題の「深海」の方ですが・・・

まず5人の男女がボートをかって海へレジャーに出るところから始まります。主人公がマイク、別の男がボビー、マイクの恋人(?)がマーガレス・・あとの女性2人がそれぞれジュリーとドロシー。
んで、まずその映像から、それこそ「遊星」と同時期かそれ以前の、えらい昔の映画臭い印象を受けたのですが、それがまず大きな間違いでした!(後に記述

陸を出て次の場面。

いきなり夜の海で遭難している一向。
どんだけ沖まで出てんだwww

女の一人(誰がいってたか忘れた;;)が「嵐が来たらどうしよう」
別の女「夏だから嵐なんて来ないわよ」
とか言った直後にいきなり大嵐に遭遇!何この展開の速さ!?
ちなみにここで開始3分くらいです。えぇ、マジで。

海を漂ってる間に、別所ではモンスターが出現して人を襲ってるご様子。
海上での主役一向のやり取りの間にちょくちょくカットインが入ってましたが・・・
モンスターホラー映画で、開始5分でいきなりモンスター描写が入ってくる映画なんぞ初めて見ました(;´д`)
何かもう、ここら辺で見る気がなくなってk・・・いかん!折角借りてきたんだから最後まで見なくては!!

その後、海上を漂うそこそこ大きめの船(海洋研究用の船らしい)を発見して、乗り込む一向。
しかし船員はいません。
あるのはホルマリン付けされた、妙な魚達。まぁ・・・一昔前の研究室にようです。
問題なのは、その研究室の机の上にこぼれている謎の白い粉を躊躇なく舐めるボビー!!
( ゚д゚)
おいwwwそんな怪しい粉、いきなり舐めるなww

暫く船内を探索したのか、豪華(そう)な客室(っぽい)ところに出る一向。
とりあえず安心できる場所を見つけた故か、腹が減ったので食い物を探し出す一向(というか女性群)は冷蔵庫にあった魚を焼きます。
そんな、いつからあったのか分からんような魚食うなよww

その夜、食あたりだといってシャワー室に駆け込むドロシー。
若干、ヤな予感がしたのですが、その予感は的中。彼女は嘔吐しました。
しかもご丁寧にカメラを狙って(!
ちなみに吐瀉物の色は黄色。その日、自分が食べてた夕食はかぼちゃの煮物(若干煮過ぎて、ちょっとどろどろ)。


_| ̄|●



激しく食欲が減退するも、画面に目をやる。
吐瀉物のなかに変な生き物が混じってる!!とかいってパニックになってるドロシー。
しかし・・この変な生き物。どうみても「クワガタムシ」です、本当に(ry
ノコギリクワガタの仲間じゃなかろうかと判別できるくらい、はっきり映ってます;
いくらなんでも、「物体X」とかタイトルにつけてるのに、これはないだろう('A`)

ちなみにこの辺りまで来るのに1時間弱ほどかかっております。
収録時間は1時間半・・。


・・・・・。


ま、まぁ、これから面白くなるんだよね!?そうだよね!?
そう信じて、見続けます。面白くなれば、吐くシーン以外、ここまでひたすら単調で退屈な時間が流れてた事など忘れてあげましょう。(しかしその期待は見事に打ち破られる事に・・!

マイクとマーガレスが研究室で何が起こったのかを調べていると・・
突然ビンの中の魚が覚醒して、ビンを割って飛翔(!
近くにいたマーガレスにかぶりついた後、周りを飛び回りながら(!)逃げます。
その飛んでる様が、まるで釣竿で魚のおもちゃをぶら下げてブラブラさせてるようにしか見えません><
ホラー映画見て、大声で笑ったのも初めてかもしれないw
マイクとボビーが共闘して何とか退治するのですが、その間に、なぜか冷凍ケースに保存されていた魚の温度が上昇。氷が溶け出して、見るも恐ろしい牙に溶け出した水が滴ります。
しかしそれに気付かず、部屋を後にする一向。

( ゚д゚)ポカーン

ちなみにマイクが調べだした結果によると、魚がおかしいのは、汚染されたプランクトンを摂取して突然変異した結果なんだとか。
そしてその異常なプランクトンとは、机の上においてあった謎の粉末・・・。
即ち、ボビーが舐めてたアレです。
そしてそのプランクトンは、エロチックな刺激で凶暴化するんだそうです。
そうなるともうお約束。
ボビーはジュリーとちょめちょめし始めます。

「おまいら、こんな非常時にナニしてるぅ!!?」

設定上仕方ないとはいえ、突っ込まずにはいられませんw
そしてエロい刺激で凶暴化するブツを摂取したボビーは最中に物体X化します。
しますが・・・なんか・・・造形はそれなりにリアルだと思うのですが・・・・・・
前後にスライドしてるだけとか、動きが一定すぎてリアリティもクソもない(涙


ジョディの叫び声を聞いて、マイクとマーガレスがやってきました。異型の怪物に襲われてるその様を見て驚愕、マイクはとっさにドアを閉めて「退治してやる!」となんとも勇ましい言葉を口にしながらモリを持って参上します。
しかし、部屋には裸のジュリーしかいません。物体は壁を溶解させて逃げたようです。
その後、シャワー室でボビー本人を発見し、混乱する主人公一向。
でも、足元に触手が微妙に映ってたりする辺り、正体が物体Xであることがうかがえます。
どうみても「遊星」のパクりくさいです。
(ちなみにジュリーも何も覚えてないとのことだったんですが、当然幻覚でもなんでもないので被害被ってます。)

一向は疲れてるのだということで結論付け、一時休憩。マーガレスがシャワーを浴びに来ましたが・・
なんと床にさっきの吐瀉物が残ったままではありませんか!?洗ってないのかよ!!(;´ロ`)しかも、マーガレスもスルーかいww
そこで排水口から延びてきたタコっぽい触手にリアル触手プレイを強要されるマーガレス。マイクの剃刀攻撃で危機を脱し「やっぱり危険だ逃げよう」とドロシーを起こしに行くマイク。
そこで今度はドロシーが物体X化して襲ってきます。首根っこから妙な魚を生やして。
しかも面白い事に、この魚は喋ります。「コイツラヲ殺セェェ」とか。もともと少ない恐怖が、半減どころか9/10減くらいしましたw
喋っちゃ駄目だろww
しかも女性群は、襲われてるマイクを遠めに見ながら怪物に向かって「やめて!マイクに恨みでもあるの!?」とか言ってるし・・・^^;
最終的に物体はワケわかんない感じで自滅(?)していくし・・・。

辛くも逃げたマイクは、船の機関室に向かって、ガソリンをまき散らかします。そしてロウソクを置いて燃やす作戦だそうです。
ここで、物体(多分ボビー)に襲われるのですが・・・

もう物体の動きが激しくコマ送りw

ニコニコとかでUPされてる、ガンプラのコマ撮りにも似ています^^;
まぁ、昔の映画なら仕方ないのかなぁ・・・(とか思ったけど、これも大いなる間違いです

その間に、ジュリーは物体ボビーから受けた被害に喘いでおりました。というか、孕んでました(!
突然苦しみだして「産まれてこないでぇぇ」とか言いながら、股から黒い何かを大量に湧かせてます。
戻ったマイクがそれを見て「魚の卵だー」とか言うまで、何か分かりませんでした(;´д`)
てか、マイクもそのままで「ボビーめ、なんてことしてくれたんだ!」とか言いながら、そのまま放置して逃げてるし・・・ヒドス。(ちなみに、この時ジュリーに意識も人格もあります

直後に落雷が船を襲って、なぜか自爆シークエンスが始まります><
研究船に自爆装置とかww

そして脱出のさなか、今度はマーガレスが物体X化し始めます。空飛ぶ魚にかまれたところから感染したようで、「怪物にはなりたくない、殺して」と懇願します。
しかしマイクがなかなか決断してくれないためか、最終的には自殺同然に自分の顔にモリを打ち込むのですが・・このシーンはなかなかショッキングでした。
ただ、ここで注目すべきはそれよりも、さっきのジュリーの魚卵がドアの隙間から沸いて出てきてたことなのですが・・・・どう考えても後々何かが起こる伏線にしか見えません。
しかしスルー。後で出てくるのか・・??

脱出のために階段をのぼりおえると、そこにはなぜか放射能漏れをおこした謎のボックスが!
そして現れるコマ撮り魚人。

じつは物語り当初からここに至るまでに、船内で一人の老体の科学者を救出してたのですが、この爺、ラストになるまで泡吹いたり、うーうー唸ってたりするだけでなんの活躍もしてませんでした。
ひたすら注射器を弄ってて、脱出の際にも「注射器を~!」とか言い、いざここで魚人を前にして「ついにこのときがきた」とかいって、注射器を握り締めます。
こんなに散々と対物体用最終兵器みたいな伏線だしまくってたのですが、ここにきて魚人の触手の一撃で注射器床に落としてしまうわ、爺はそのまま食われるわで全く何の活躍もないで終わりました。

絶望した!何の活躍もしないまま死んでゆくキャラクターに絶望した!!
いなくても良かったんじゃ・・・とか言ったら駄目ですか??(;´д`)

しかも、そのままマイクは「もういやだ」とか抜かしながら船外へ脱出。
主役が最後に「もういやだ」とかいって逃げる映画をみるのは初めてでs(ry
直後に何とも合成丸出しのチープすぎる爆発が起こり、マイクは海へ飛び込んで脱出。

ラストに「もう旅なんてするものかー」とか意味不明な台詞を残し、唐突に映画は終わってしまいました・・・。



・・なんだろう、この煮え切らない感情は・・・??(汗
もうB級ホラーとかそういうレベルでもない気がします。いうならば、全てを超越したZ級??
特典で入ってた番宣と監督インタビューも「あー」みたいな内容でしたし(;´д`)

今まで、少ないとはいえいろんな映画はいてきましたが・・ここまで酷いのははじめて見たと思います。。
終わったときなどリアルに
( ゚д゚)
って顔になりましたw

てか、あの溶け出しかけてた冷凍の魚とか、放置されたジュリーとか、ドアの隙間から沸いた魚卵とか・・・いろいろスルーしすぎであります><
せめて最後くらいは締めようよ・・。特に後半は何かグデグデで意味不明だし・・・。
そもそも、物体Xはエロいシチュにならないと凶暴化しないとかいう設定はいずこへ??
最初のボビー以外、皆普通に襲ってきてたんですけど・・・。

そしてこの映画で最も驚いた事。
冒頭の映像といい、コマ撮りのモンスターといい、音楽もなんか昔臭い感じがするのといい、一体いつの映画なんだろうと思って調べてみると・・・



なんと1999年製でした

  。 。
  / /  ポーン!
( Д )

10年経ってない作品だったのか・・・。それであのクオリティなのか・・・。これは新手の詐欺なのではないかとか思ってしまった・・・;;
てか、配給元のアルバトロスというサイト覗いたら、胡散臭い映画ばかりラインナップされてました。何だ「ターミネーター2018」て;;;

まぁ、そんなどうしようもない内容の映画でしたが、ネタとして見るには面白いかも知れません(苦笑
機会が

テーマ : DVDレビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

にゅくす

Author:にゅくす
同人や熱帯魚や模型やってます('ω')足とか足とかタイツとか好きです。誰か踏んでください

絵のお仕事など随時募集中です。イラスト、背景画や漫画のアシスタントなど是非是非。
まずはmebiusbands@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

ペット達
じわわ:

スーパーハイポタンジェリンらしい。 2013年4月に友人の睦さんから誕生日プレゼントにとウチにやってきた。 ちょっと色白な女の子。多少のことでは物怖じしない図太さを持つ。 きっとサバサバ系のお姉さん。
かわいい。

ぶわわ:

スーパーハイポタンジェリンらしい。 2014年7月にじわわのお婿さんとしてアクアリウムバスで購入。 頭の黒点がポイント高。 餌はもりもり食うのに、ちょっとした物音ですぐシェルターに隠れる。 しっぽバイブの割には全然嫁を孕ませられないらしい。 きっと臆病ショタ。
かわいい。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
リンク